FC2ブログ

Together forever

NPO PMがお勧めする情報やトピックスをお知らせいたします。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

飼う前に考えよう 販売日齢

 毎日新聞2016年9月6日 東京朝刊

飼い犬や猫が生後何日まで親元にいたか知っているだろうか。幼い犬や猫が人気だが、今月1日から49日未満は販売が禁止となった。早くに親から引き離すと適切な社会性が身につかず、かむ、ほえるといった問題行動を起こしやすいといわれている。販売の日齢を巡る問題を改めて考えたい。

捨てられる犬猫の運命
 
●幼い犬、猫 人気

 8月中旬の昼下がり、埼玉県内にある「関東ペットパーク」には、繁殖業者らが連れてきた約600匹の子犬や子猫が集まっていた。一匹一匹、専用のボックスに入れられ、獣医師による身体検査を受けた後、オークション(競り)にかけられる。日本のペットショップの多くが、こうした生体市場で犬や猫を入手しているといわれている。

 ●49日未満出荷禁止

 会場の一角に「生後49日未満の生体は出荷できない」との掲示があった。2013年9月施行の改正動物愛護管理法によって、「生後56日(8週)未満」の犬や猫の販売が禁止された。ただ、付則で施行後3年間は「45日」、今月1日からは「49日」となっている。これまで規制がなかったため、飼育日数が延びることで生じる経費などペット事業者への影響を考慮し緩和措置が設けられた。

いつ「56日」が実施されるか不透明な状況に動物愛護団体関係者の不満は大きい。動物福祉先進国の欧米の法律では「生後8週」を採用している例が多いからだ。動物との共生を考える連絡会の青木貢一代表は「人と共に幸せに暮らすのに犬や猫の心身の健康は欠かせない。売れやすさに偏り、置き去りにされている」と指摘する。

 今年3月に札幌市で可決された「動物愛護管理条例」(10月施行)は注目を集めた。全国で初めて、生後8週間は親子を一緒に飼育する努力義務が盛り込まれたからだ。

 ●離乳期 社会性学ぶ

 生後8週とはどんな時期なのか。犬を例にすると、離乳期にあたる。平均的に生後7〜10週の間といわれている。この離乳期に子犬は母犬から社会性を学ぶ。日本獣医生命科学大講師(動物行動学)の入交真巳さんは「離乳が不十分な段階で引き離すと、子犬の不安傾向が高まると分かっている。その結果、周囲とうまく関われず、恐怖心から攻撃的にほえたり、かんだりと過剰な反応を示しやすくなる」と説明する。飼いづらく、飼い主が見捨てるといった不幸な状況を招きかねない。

 繁殖歴18年の男性は、生後8週にも対応できるよう飼育ケージを大きくするなど態勢は整えた。一方で「日々、犬と触れ合い、離乳期は犬種や個体によって差があるのを経験している。一概に決めるおかしさは感じている」と言う。

 環境省では18年8月までに、親から引き離す理想的な時期を検討するため、子犬や子猫の飼い主の協力を得ながら調査を進めている。

 全国14のペットオークション業者で作る「ペットパーク流通協会」の上原勝三会長は「販売の日齢イコール殺処分の原因ではない」と主張する。競りにテレビCMで人気の白いポメラニアンが登場すると、落札価格が瞬く間に10万円を超えた。流行だけで安易に犬や猫をほしがる人がいるのも否めない現実だ。

 ペット問題研究家の山崎恵子さんは「飼い主自身が賢くならなければいけない。どんな親から生まれ、どんな環境で育ったのか情報を求めるようになれば、世の中が変わるのではないか」と訴える。
スポンサーサイト

| ニュース | 15:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

犬猫の譲渡の拠点、愛護センター来春開設

 朝日新聞・朝日新聞デジタル|更新|2016/07/08

犬や猫の引き取りから治療、譲渡を一貫して行う「動物愛護センター」が宮崎市に計画されている。宮崎県内初となる施設が設置される背景には、動物愛護団体の長年の努力があった。

 宮崎市清武町木原の木原地区ふれあい広場で1日、みやざき動物愛護センター(仮称)の地鎮祭があった。戸敷正市長は「センターがようやく実現する。動物に愛を与える施設になれば」と期待を込めた。

 市によると、動物愛護センターは市政90周年事業の一つとして企画された。鉄骨平屋(床面積約1184平方メートル)で保護室や検疫室、譲渡室に加え、診察室や手術室なども用意。市議会6月定例会に提案された工事費用案は約3億円で、2017年4月の開設をめざしている。

 県内の動物保護管理所との違いは「生かして譲渡する」のを目的に病気やけがの治療を行うことだ。動物愛護教室を開き、被災動物の受け入れなども行う。

 県の乳肉衛生担当の下村高司副主幹は「譲渡の呼びかけや、一時預かりなど行政では出来ないところは動物保護団体の努力のおかげで成り立っている。センターの運営に関しても知恵を借りたい」と話す。


■実情発信10年、手応え 国富の山下さん

 国富町の古びた一軒家。高い木の柵で囲われた庭では、犬たちが元気に走り回っていた。「いのちのはうす保護家」では、殺処分対象の犬や猫を引き取って世話をし、譲渡先を探す。

 病気の老犬などを介護しながら看取(みと)る「ホスピス」もある。山下由美代表(46)は「動物愛護について宮崎は遅れていると言われてきたが、だんだん意識が変わってきた」と話す。

 山下さんが保護活動に関わるきっかけは、10年ほど前に見た動物愛護を訴える写真展。ガス室で殺処分された犬の目が忘れられなかった。「現実を知ることがつらかったんです。でも、逃げてはだめだと思いました」
 県の中央保護管理所にも足を運んだ。刑務所のような高いブロック塀には、動物が投げ込まれないように有刺鉄線が張り巡らされていた。所内は薄暗く、コンクリ―トの冷たさと、じめじめと湿度を感じた。檻(おり)の中の犬たちの目からは敵意やおびえが見てとれた。引き取り手が見つからない場合は、殺処分される。

 実情を伝えようと、06年からブログで収容された犬の紹介を始めた。ある母犬の話が注目を集めた。3匹の子犬を抱えた母犬は、人が近寄る度に威嚇。だが日が経つにつれて自らの運命を悟り、職員に歩み寄るようになった。のちに「奇跡の母子犬」として出版され、堺雅人さん主演で映画「ひまわりと子犬の7日間」として公開された。

 自分でも保護活動をしようと、09年から現在の活動を始めた。生目の杜運動公園近くの土地を借り、コンテナを置いて柵を作った。水も電気もなく、ポリタンクの水を運んで世話した。その後、国富町の一軒家を借り、24時間態勢での世話が可能になった。今、犬30匹、猫27匹を保護する。

 山下さんは「宮崎で制度や施設の改善を訴え続けてきた。宮崎が変わり始めたのは、やっぱり『ひまわり』の存在が大きかった」と話した。
(土舘聡一)

| ニュース | 16:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

動物園に捨て猫「今日も保健所へ」 写真投稿で論争勃発

朝日新聞 DIGITAL 2016年6月11日05時11分

 「もうやめて朝から残念です」「今日も保健所へ行くことに」――。宇都宮動物園(栃木県)の公式フェイスブック(FB)に載った書き込みと段ボール箱の写真が、ネット上で論争を巻き起こしている。動物園によると、箱の中には子猫がいた。この捨て猫は幸運にも引き取り手が見つかったが、動物園側は今回の件をきっかけに捨て猫や捨て犬が増えることを危惧している。

 発端は7日朝。動物園前に置かれた段ボール箱から、子猫の鳴き声が漏れているのをスタッフが見つけた。「この箱の中身、想像できますか。他の動物を守るためにはここでは保護できません」とFBに書き込んだ。

 すると、「捨てるなら飼わないでほしい」「本当に身勝手」「動物園は飼えなくなった動物を捨てる場所ではない」といったコメントが相次いだ。

 一方で「保健所に連れていくなら、殺処分されてしまうんじゃないんですか」「動物園の人なのに、保健所に行くって……」「箱を開けて、引き取る方の募集をするべきです」と、動物園への疑問や批判もあり、投稿から4日間で約700件の反応があった。

 宇都宮動物園によると、10日までに苦情の電話はなく、「引き取ってもいいですよ」というメールが1件だけだったが、動物園側の不安はぬぐい去れたわけではない。

 これまでも同じように子猫や子犬が捨てられていたことがある。2014年には雄の捨て猫「さんた」が「園長」に就任した例外はあるが、通常は飼育する動物への感染を防ぐため保健所に届けることになる。「飼えなくなったが、どこに持って行ったらいいか」という問い合わせの電話も少なくないという。

 荒井賢治園長は「ペットを飼う場合は小さなうちに不妊・去勢手術をして頭数を増やさず、一生面倒を見ることが本当の愛情ではないでしょうか」と話している。(佐藤太郎)

| ニュース | 16:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

益城町避難所にペット預かり所  熊本県

2016年05月16日 00時08分 配信 西日本新聞朝刊


熊本地震で多数の住民が避難している益城町木山の町総合体育館敷地内に15日、ペット預かり所「ましきまちワンニャンハウス」が開設された。

 預かり所は、ペット同伴の避難者の負担を減らそうと、NPO法人「人と犬の命を繋(つな)ぐ会」が提案。犬35匹、猫28匹を収容できるケージと空調を備えたコンテナハウスを、町が設置した。約60平方メートルある犬用の運動場もある。外出時や就寝時に預けることができる。

 飼い犬と体育館内に避難している女性(62)は「犬がストレスで吐くようになった。空調があり、落ち着いた環境で眠らせてあげられるので安心です」と歓迎した。体育館と周辺にはペット連れ専用避難テントの59匹を含む約80匹の犬猫が避難者と一緒に過ごしているという。

地震発生時の対応やペットとの同行避難における持ち物リストなど、環境省の「ペット動物の災害対策パンフレット」です

| ニュース | 11:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

長野県軽井沢町 多頭飼育崩壊現場レスキュー ご支援のお願い

長野県軽井沢町 多頭飼育崩壊現場レスキュー
ご支援のお願い

軽井沢町借宿地区の元ブリーダーFの長年に渡る犬猫多頭飼育
に、終止符が打たれる事になりました。併せて、放棄される244匹の
犬のレスキュー活動が開始されたことも報告させていただきます。

まずは経緯をご説明いたします。

軽井沢町を拠点に、佐久保健所収容犬の保護と里親探し活動を行ってき
た「軽井沢ドッグレスキュー」主宰の徳間寿美子氏の、数年に及ぶ
Fに対する根気強く、忍耐強く、粘り強い説得が、ついに実を結ぶこと
になりました。F宅という劣悪な環境に生まれてくる不幸な犬猫
をこれ以上増やしてはならないという思いがあってのことでした。

Fは自宅で244頭にも増やしてしまった犬全頭の飼育放棄に同意まし
た。また、徳間氏の情熱は及び腰だった行政をも動かしました。今回の
放棄により、Fの犬繁殖/飼育による騒音や不衛生な環境に長い
間悩まされてきた近隣住民の皆様の不安も解消されることになるはずで
す。

F宅で産まれ、劣悪環境で生き地獄の生活を強いられたあげく、人知れ
ず命を落としていった犬猫たちがどれだけいたかを考えたら、心ある人
間ならば誰もが悲痛な思いに駆られるでしょう。しかし、そこから先
の、この恐ろしい負の連鎖を断ち切る行動に乗り出すには、並々ならぬ
勇気と決断が必要だったことは言うまでもありません。

今回の多頭飼育崩壊に関しては、Fには崩壊している認識もなけ
れば、事態への対処を考える判断力もなく、そこにあったのは命を命と
してではなく、お金に代えられる「物」であるとしか捉えられない非情
さのみでした。ですので、今回は外側からの強制的崩壊と言った方がい
いのかもしれません。

10月7日、F宅への最終的な行政の立ち入りがあり、244頭
が確認され、放棄が正式なものとなりました。
(猫に関しては現在まだ頭数の把握が出来ておらず、今後猫の保護団体
様の
協力が必要となります)

244頭の内訳は、8割が小型犬(チワワ、トイプードル、ヨーキーそ
して
ミックスなど)で、残りはバーニーズなどの大型犬です。

行政の動きですが、今後、佐久保健所をはじめとして、長野県内の各保
健所が引き取り及び譲渡活動をすすめてくことになりますが、依然とし
て多くの子たちの救出保護及び譲渡が「軽井沢ドッグレスキュー」の手
に委ねられております。

最後の1頭が、愛情に包まれ幸せに暮らせる家庭に迎えられるまで、今
回のレスキューは終わりません。そこで全国の皆様にあらゆる形での支
援のお願いをしたく存じます。

1)保護団体様による犬の引き取り(避妊去勢に関してましては、それ
ぞれの団体様でお願い致します)
2)個人様による犬の引き取り(家庭犬としての譲渡に限ります。避妊
去勢して下さることが条件です)
3)個人ボランティア様による犬の一時預かり/里親探し
4)保護犬たちのワクチンや治療等々にかかる莫大な医療費のご寄付

お問い合わせ先: 軽井沢ドッグレスキュー
         電話: 0267-46-8300
         住所: 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1264-5
         E-mail: karuizawadogrescue@gmail.com

ご寄付に賛同して下さる方もまずは上記へご連絡くださいませ。

皆様の早急なご支援ご協力を心よりお待ちしております。

「軽井沢ドッグレスキュー」による今回の大規模なレスキューに協力す
べく、
「軽井沢ペット福祉協会」はご支援のお願いをさせていただくことに致
しました。
何とぞよろしくお願い申し上げます。

| ニュース | 11:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。