FC2ブログ

Together forever

NPO PMがお勧めする情報やトピックスをお知らせいたします。

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

県迷い犬HP

静岡・浜松分掲載されず

迷い犬が掲載されている県のホームページ  県内5か所の動物保護管理所などで保護した迷い犬を飼い主に戻そうと、県は犬の写真付きの情報をホームページ(HP)に掲載するサービスを10月1日から始めた。ところが迷い犬が多い静岡、浜松両政令市で保護された犬の情報は一覧出来ない上、静岡市のHPは写真がないなど提供される情報には差がある。動物愛好家からは、縦割り行政の垣根を越えた対応を求める声が出ている。

 県衛生課や静岡、浜松両市によると、昨年度、県内で保健所が保護したり、飼い主以外が持ち込んだりした犬は1057匹。うち、478匹は無事、飼い主に引き取られ、約270匹は希望者に譲渡された。県の保護管理所などでは1週間程度しか保護できず、約310匹が殺処分に回された。

 飼い主の元に戻れる犬を増やそうと、県はHPで写真のほか種類、性別、保護年月日、保護場所、特徴などの提供を始めた。静岡、浜松両市を除く県内33市町ごとに保護された自治体や性別などで検索でき、飼い主以外からの引き取り希望にも応じる。20日現在で、計30匹掲載し、15匹が引き取られた。

 県に先んじて浜松市は2008年3月、市のHPで同様のサービスをスタート。09年度に保護した370頭ほとんどの写真を掲載し、殺処分は08年度の57件から7件減った。同市の担当者は「飼い主が写真で確認したいという要望に役立っている」と話す。

 ところが、県衛生課のHPでは直接、浜松市の保護犬情報は検索できない。動物愛護法は、動物等の引き取り業務について「県や政令市が行う」と定めており、双方が独自に情報提供しているためだ。県のHPからだと「浜松」の文字を探してクリックし、同市のHPで再び探す必要がある。静岡市の迷い犬情報も同様の手間がかかる上、同市は犬の写真を掲載していない。

 静岡市の担当者は、「HPで写真を掲載する自治体が増えており、飼い主からの要望も強いので検討したい。県のHPには入れないので、やるなら自前でやる」と話す。これに対し県の担当者は、両市との連携について「検討もしなかった。今後の課題にしたい」と含みを残している。

 迷い犬は、迷子になった場所とは違う市町でみつかるケースも多い。県動物保護協会の倉重英明・事務局長は、「HPが別々なのは、あくまで行政の都合だ。やっと県のホームページが動き出したばかりなので、協会として今後、使い勝手が向上するよう提案していきたい」と話している。

(2010年10月22日 読売新聞)
スポンサーサイト

| 未分類 | 15:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ソウルの公園、愛玩犬の排泄物未処理に罰金7万ウォン

18日から、ソウル市内の公園で愛玩犬の排泄物を処理しなかったり首輪をしないと、5万ウォンから7万ウォンの過怠金を支払うことになる。

ソウル市は3年前の条例で、愛玩犬の首輪未着用は過怠金5万ウォン、排泄物放置は7万ウォンの罰金という条項を作ったが、積極的には取り締まらなかった。

ソウル市関係者はソウル市内の愛玩犬が、昨年末基準で150万匹に達するほど急増し、公園利用客と愛玩犬の飼い主の間で葛藤が大きくなり、取り締まることにしたと説明した。
2010/10/17(Sun) 12:46


愛する家族の後始末をする事は当然のことです。
糞は必ず持ち帰り家で処理してください。オシッコの後には水をかける気遣いをお願いいたします。



| 記事 | 11:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イヌ12匹捨てられる 埼玉西部 同一種ばかり

産経news より

埼玉県西部で今月4~12日の9日間で「イタリアングレーハウンド」という種類のイヌが少なくとも12匹、生きたまま捨てられ、保健所に引き渡されていたことが12日、県生活衛生課への取材で分かった。同課は「同じ犬種が同時期にこれほど見つかるのは珍しく、業者に捨てられた可能性が高い」としており、県警も動物愛護法違反容疑などでの捜査を検討している。

 県によると、捨てられていたのは小型の愛玩犬、イタリアングレーハウンド。いずれも推定5、6歳のメスで、首輪やマイクロチップは付いていなかった。病気や虐待の形跡はなく、人になつくイヌもおり、同課は「飼われていたのではないか」としている。

 さいたま市内のペット業者によると、イタリアングレーハウンドはここ数年でペットショップで扱われるようになった。坂戸市や鶴ケ島市などを管内に持つ西入間署には、11日までに7匹が持ち込まれている。

 埼玉県内では4月、飯能市の山中に元三芳町議のペット葬祭業者の男が犬約100匹の死骸(しがい)を遺棄し、火葬代をだまし取ったとして逮捕され、詐欺と廃棄物処理法違反の罪で有罪判決を受けている。

2010.10.13 01:30

| 動物愛護 | 10:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

犬虐待、生き埋め-富山

毎日jpより

富山市興人町の運河の土手で9日午後、犬が顔だけ出した状態で土に埋められているのが見つかり、通報で駆けつけた消防署員と警察官が保護した。富山県警富山中央署は悪質ないたずらとみて、動物愛護法違反(虐待)容疑で調べている。

20101011k0000m040044000p_size5


 同署によると、犬は体長約1メートル、体重約30キロの雑種とみられる雄。全身を横向きにされ、体の上に高さ70~80センチの土が山のように盛られていた。9日午後2時5分ごろ、犬が盛んにほえる声に通行人が気付き、通報した。ぐったりしていた犬は現在、署でドッグフードを食べ、元気に回復しつつあるという。【岩嶋悟】

毎日新聞 2010年10月10日 20時20分

| 動物愛護 | 13:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

NipponSPCA 譲渡会開催

中目黒 さくらギャラリーにてで譲渡会を行います。

日にち:2010年10月24日(日曜日)時間11:00~
お友達お誘いの上ぜひお越し下さい。

今回譲渡会に参加するのは、45頭崩壊ブリーダーで救出されたわんちゃんたちです。
主に、ちわわちゃん、プードル ちゃんになります。

彼等は、人間の為に一生を狭いクレートの中で、遊ぶ事も知らず、なでてもらう事もしらず、
ただただ、繁殖の為だけに生きてきました。この子達にも幸せを与えてあげてください。

体がボロボロになるまで産まされ続ける・・・

日本にはこうした犬や猫がたくさんいることを知ってください。(NipponSPCAHPより)

詳細

| 動物愛護 | 11:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。