FC2ブログ

Together forever

NPO PMがお勧めする情報やトピックスをお知らせいたします。

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

犬を殺すのは誰か

常に鋭く今のペット問題を取り上げておられるアエラ編集部・太田匡彦記者が本を出されました。


book1


太田氏メールの一部を掲載させていただきます。

この度、犬の殺処分を巡る問題について本を出すことになりました。『犬を殺すのは誰か ペット流通の闇』(1200円+税、朝日新聞出版)というタイトルで、9月17日(金)に発売されます。

本書では、これまでの記事の構成を大きく変え、問題の所在がわかりやすくなっていると思います。また、幼齢犬問題の第一人者ジェームス・サーペル米ペンシルベニア大教授との質疑や大手ペットショップチェーン経営陣の本音など、取材をしたもののこれまでの記事には盛り込めなかった内容を大幅に書き加えました。これまでの記事についても、よりディテールがわかるように加筆しています。


 第1章では犬の流通システムの闇を暴き、構造的な問題を浮き彫りにしています。第2章では殺処分を巡る問題のカギとなる「8週齢問題」に踏み込んでいます。第3章、第4章では自治体や民間による動物愛護のあり方について言及しました。第5章では2011年度に行われる予定の動物愛護法改正の行方についてまとめています。

 さらに巻末には、本誌に掲載しきれなかった「主要自治体別 捨てられた犬の種類」「犬に優しい街は? 全106自治体アンケート」の詳細なデータも収録しています。

いつか、「殺処分ゼロ」が現実のものとなる日が来る、その一助に本書がなればと思っています。

 引き続きこの問題に取り組んでいきたいと思っております。今後ともどうぞよろしくお願い致します。



知ることは行動への第一歩

処分ゼロの日の実現に向けて、みなさまの関心が深まり社会の問題となりますよう。
メディアの力に期待します。

| | 10:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://npopm.blog135.fc2.com/tb.php/1-53a6f289

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。