Together forever

NPO PMがお勧めする情報やトピックスをお知らせいたします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

避難時に放置 20キロ圏内の苦悩 17歳「花子」は無事再会

福島第1原発の20キロ圏内に取り残された動物を救うため、栃木県で動物愛護の活動に携わる女性や獣医師らが今月上旬、防護服を着て避難指示区域に入った。

 きっかけは福島県双葉町から避難した人の家族からの相談。集団で避難する際、自衛隊にペットは置いていくよう言われたという。

 だが、発見された犬は公民館に鎖でつながれたまま力尽きていた。この家族は「二度とこんな思いをしないようにしてほしい」と話したという。

 再会できるケースもあった。立ち上がれないほど衰弱していた老犬、17歳の「花子」。山形県の公営住宅に避難している飼い主の男性(63)は連絡を受け、保護先の栃木県の動物病院まで会いに行った。

 生後2カ月から育て、家族同然。「数日で帰れると思っていた。餌をありったけ置いてきたが心配だった」。痩せていたが、男性を見ると足踏みして喜んだ。放射線量を調べる検査の結果も問題なし。ただ、公営住宅はペット禁止で花子を連れて帰れなかった。

 福島県地域防災計画には「放置動物の保護、被災動物の救護を行う」とある。20~30キロ圏では取り残されたペットへの給餌や放浪犬の保護をしているが、「20キロ圏内は、心苦しいが対応できない状況」(担当課)。救出したいという相談にも「立ち入りを控えて、と言うしかない」と頭を抱えている。


不幸な犬猫をこれ以上増やさない為にも私たちに出来ることを探してみましょう。

「Save The Pets」東日本大震災Pet救済プロジェクト発足
http://ameblo.jp/savethepet/entry-10840968270.html

『災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、
愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名』
http://n-d-s.tv/pet-rescue/shomei.html

東日本大震災でペットと離ればなれになった飼い主や、被災地で保護されながら元の飼い主が見つからないペットを支援する「MSNペットサーチ」スタート
http://eastjapaneq.jp.msn.com/petsearch

| 動物愛護 | 12:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://npopm.blog135.fc2.com/tb.php/36-059ec32b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。